がん遺伝子検査・治療

がん遺伝子検査・治療

┃がん遺伝子検査とは
東北初のがん遺伝子検査・治療を行っております。
がん遺伝子検査とは患者様より採取した約20mlの血液から、がん遺伝子のフリーDNAの濃度、長さ、メチル化解析でがんの発症リスクを調べる検査です。がん遺伝子診断(がん関連遺伝子120項目)は、最先端技術をもつ研究員にて行われており、超早期がんリスクを評価ができるのです。

┃がん遺伝子検査・治療について
がんは、多数の遺伝子変異が蓄積されて発生するため、遺伝子水準の段階で診断し、初期に治療することが最善の方法です。当院の「遺伝子検査」は、遺伝子レベルで異常を速やかに見つけ出すことが可能です。また、「前がん状態」のリスクを特定し、向こう3~5年間のあらゆる「がん」の発症リスクを推定します。

がんができる前に検査を行うことで、がんの兆候を摘み取ることが可能となるのです。

がん遺伝子検査・治療について

┃127項目のがん関連遺伝子
毎年、30万人以上の日本人が「がん(悪性新生物)」で亡くなっており、死因の第一位となっています。 日本人のほぼ3人に1人がガンで死亡しているのです。

しかし、ひとくちに「がん」と言っても、肺がん、食道がん、胃がん、大腸がん、膵がん、肝臓がん、腎がん、乳がん、子宮がん、膀胱がん、前立腺がんなど、多種多様ながんがあり、人間ドックなどを受けてもなかなか全てのがんを調べることは難しいのが現実です。

「がん」がある程度大きくなって発症するまでには、通常、がん細胞が増殖を始めてから数年かかります。この発症前の段階でがん細胞を検出することができれば、早期に対策を打つことができるのですが、このような技術は今まで実用化されてきませんでした。しかしようやく、20ml血液だけで発症前の微小がんを検出できる検査が実用化されました。それが当院で行っている「がん遺伝子検査・治療」です。

┃がん遺伝子検査・治療の流れ

STEP1 カウンセリング
お電話でご予約頂き、ご来院後はカウンセリングからはじまります。
TEL:0229-23-9783

次へ

STEP2 遺伝子検査
血液20ccを採取し127項目のがん遺伝子を調べます。

次へ

STEP3 遺伝子検査、診断結果説明
約2週間で診断結果が送られてきます。診断結果でがんの早期発見、再発発症リスクなどを知ることができます

次へ

STEP4 がん遺伝子治療計画の説明
異常遺伝子があった場合、治療計画の説明をいたします。

次へ

STEP5 遺伝子治療をスタート
遺伝子治療を行う場合約2ケ月半~約3ケ月半かけて治療を行います。

次へ

STEP6 遺伝子検査 (2回目)
遺伝子治療終了から約1ケ月後,、治療経過を見るために再度遺伝子検査を行います。

次へ

STEP7 遺伝子診断結果説明
治療の効果を測定します。

▲ページTOP

(c) 渋谷皮膚科泌尿器科医院